トラブルのない遺産相続を

遺産相続と聞くと、あまり良いイメージを持たない方が多いのではないでしょうか。人の死を連想してしまうという事も有りますが、何より遺族のトラブルを連想してしまう人が多い様です。そんなトラブルの要因となるのが、主に“故人の生前の行い”“不動産”“トラブルメーカー”の3つだと言われています。

故人の生前の行いとは、故人が悪逆非道でどうのこうのという訳では無く、いわゆるえこひいきをしていなかったかという事です。長男だけに建物を贈っていたとか末っ子だけ大学まで出してあげた等です。遺産の分割協議の場で、あれは特別受益(生前に貰った利益を相続の前倒しとして計上する制度)に当たるのではないかとトラブルになるケースが多いのです。しかし、よっぽどの贈与でない限り裁判所は特別受益と判断しません。

仙台 競売

次に、不動産は分けにくい財産の定番です。一つの物を分けるという事もありますが、大抵の場合相続人一人一人にもその不動産への思い入れが有りますので、それがまた話を厄介にさせるのです。そして、何と言ってもトラブルメーカーが居るとまとまる話もまとまらなくなるのはご存知の事でしょう。特に故人が離婚再婚を繰り返して、腹違いの兄弟が居るとなると、殆ど見ず知らずの人と財産分割協議を行わなければならなくなり、トラブルの原因となる訳です。

民間賃貸住宅への住み替え支援 « 中野区公式ホームページ

そこで考えられる、一番効果的なトラブル解決法が“遺言書”の作成です。遺産相続でトラブルになるのは何故でしょう、それは当たり前の事ですが相続してくれる故人が分割協議の場に居ないからなのです。これがもし、協議の場に故人が居たとしたらどうでしょう。故人の意思が判る為簡単に分割協議が終わるはずだと思いませんか?その故人の意思を伝えてくれるのが遺言書です。

船引町東部台地内宅地分譲 - 福島県田村市ホームページ

遺言書が無ければ相続人一人一人が故人はこう思っていたはずだという勝手な想像で、財産を主張してきます。故人の意思をはっきり伝える(残す)事が大切なのです。また、財産目録を作っておくこともトラブル回避には最適です。遺産相続で一番時間が掛かるのが、財産がどれだけ有るのかを調べる事です。その手間を省いてあげる事も残された人への愛情ではないでしょうか。
?>